チェコ名産の木製のおもちゃ
150 CZK
COOPの洗濯用洗剤
24 CZK
プラハクベリ~プラハ中心までの電車料金
24 CZK
プラハ→ミュンヘンの交通費 高速バス&...
92
チェスケー・ブジェヨヴィツェ~チェス...
36 CZK
プラハの天文時計の展望台
100 CZK
チェスキー・クルムロフ城の入場料
50 CZK
プラハ郊外の宿
758 CZK
ドミトリーホステル
350 CZK
Barのビール
20 CZK
チェコの伝統菓子トゥルデルニーク
40 CZK
スイカ1/6カット
11 CZK

チェコの物価情報

通貨および現在の為替状況

チェコの通貨はチェコ・コルナが使用されています。

1CZK=為替情報が取得できません円(2018年09月23日現在)

チェコの経済レポート

チェコ(チェコ共和国)はヨーロッパ中央部にある共和制国家です。首都はプラハで、チェコ国内の最大の都市も同じくプラハです。ポーランド、ドイツ、オーストリアなどに接した位置にあり、EU加盟国ではありますが、通貨はコルナ(チェコ・コルナ)が使われています。

 

他のヨーロッパ諸国に先駆けて産業革命を行い、工業化を進めてきたのがチェコです。そのため、東欧諸国の多くが西欧諸国と比較して経済面で弱く、現在でも経済成長率では劣っている中で、同地域にあるチェコは特に高い経済水準を持っている国です。

 

豊かな自然と美しい町並み、世界で有数のビールの産地としても有名なチェコは(国民一人あたりのビール消費量は世界一で、世界で最も有名なピルスナータイプのビールであるピルスナー・ウルケルがあるのもチェコです)、世界中から多くの観光客が訪れる国でもあります。

 

ビジネスにしろ観光にしろ、最も多くの人が集まるのはやはり首都プラハです。必然的にプラハの物価は他の都市よりも高くなっています。都市間の物価格差はさほど大きいわけではありませんが、公共交通機関の料金では、6コルナ程の差があります。

 

チェコの物価は東欧、中欧諸国の中では比較的高いですが、フランス、ドイツなど西欧諸国と比較すると安いです。日本と比較した場合、日本の物価の半分から7割程度の物価と考えて良いでしょう。コルナを日本円に換算する場合は、表示されている価格を約4倍しておけば、おおよその日本円の相当額に換算できるので分かりやすいです。

 

 

食費

スーパーなどで生鮮食料品を購入する場合はかなり安い金額で食材を購入できます。品物の種類によりますが、日本で買う場合の半額以下で購入できるものが多いです。生鮮食料品、加工肉など原材料の販売価格が安いのはヨーロッパ全体で共通しています。

外食費に関しては、庶民が行く街中のレストラン(食堂)なら100~300コルナ、中級のレストランなら500~1000コルナは必要です。高級店なら日本の高級レストランと変わらない料金は必要になります。

交通

プラハなど都市部における移動は、公共交通機関である地下鉄、バス、路面電車を使うことが多いです。

それぞれの市が運営しているため都市によって価格差があります。プラハが最も高額ですが、初乗りで18コルナ、地方都市なら12コルナですから、日本よりはかなり安いですね。共通のチケットで地下鉄、バス、路面電車が利用できるので便利です。

宿泊

-

各経済指標の推移

経済指標のグラフは登録されていません。