ギリシャの物価一覧

空港からアテネ市内までのタクシー料金
35
アテネの五つ星ホテル
474.6
アテネの一日乗車券
4.5

ギリシャの物価情報

通貨および現在の為替状況

ギリシャの通貨はユーロが使用されています。

1€=121.8円(2019/07/13現在)

ギリシャの経済レポート

ギリシャの近年の物価や経済事情について

ギリシャでパパンドレウ政権が発足し、旧政権時代の財政赤字が明るみに出たことに端を発する「ギリシャ危機」がユーロ圏内のみならず世界中の経済に混乱を招いたのが2010年頃。当時は盛んに報道され、ユーロ全体の信用問題の発端ともなりました。ギリシャと言えば「ギリシャショック」を思い起こす方も少なくないかもしれませんが、ギリシャに対するユーロの追加融資がなどを行なった結果、ギリシャ発の金融危機が再発する事態は回避されました。

2018年現在の経済規模は、金融危機発生前の2007年と比べ3/4レベルに落ち込んではいるものの、今後は経済成長が見込まれています。また、国内総生産に対する公的債務の比率は、2018年の188%超をピークに低下していく見通しとなっており、2019年以降に継続して回復していけるかが注目されます。

食費

ギリシャの食事・食品に関する価格・物価事情とは?

ギリシャの物価は同じバルカン半島の他国と比較して最も高く、国内の食料自給率も高くないため、食料品などについても比較的物価は高い傾向がありました。それは現在でも変わらず、ギリシャの外食比率が高め(約12%)であることも影響して、ギリシャのエンゲル係数は30%近くあり、ユーロ国内ではスペインに次ぐ食料比率の高さと言って良いでしょう。

交通

ギリシャの交通機関に関する価格・物価事情とは?

アテネ市内にはバス、トロリー、地下鉄などが整備されており、そのどれに乗っても€1.4で1時間半乗れるシステム(2019年現在)なので明朗な料金設定で気軽に公共交通機関を使えます。ただし、ギリシャの交通網はさほど便利ではなく、特に鉄道は本数が少ない上に時間が遅れることも多く利用する人はあまり多くありません。

また、タクシーの場合ですが、アテネ国際空港 からアテネ市内の移動の場合、 料金は€35定額+チップ (深夜0:00〜5:00までは割増料金で€50ユーロ)となっており、所要時間は約時間 40分程度です。(2018年現在) 

宿泊

ギリシャの宿泊・ホテルに関する価格・物価事情とは?

宿泊予約サイトBooking.comで大人2名で1部屋の値段を「アテネ」に限定して調べたところ、約3,500部屋がヒットし、うち € 0〜50の宿泊施設が615件、€ 200以上の宿が382件ありました。

各経済指標の推移

経済指標のグラフは登録されていません。